こんなコツがあったのか!クールビズファッションをおしゃれに見せるメソッドを紹介!


「長袖シャツプラス腕まくり」でシャープに見せる

外回りの営業マンは夏場でもスーツを着てネクタイもきちんと締めていますが、デスクワークのビジネスマンにとっては夏場のクールビズがすっかり浸透しています。ではこのクールビズのメンズファッションで周りの人と差をつけるには、どのようなことを心がければいいのでしょうか。

まずクールビズのコーディネートで要になるのは、ワイシャツの存在だと認識しましょう。あまりの暑さでつい半袖のワイシャツに走ってしまいたくなりますが、半袖シャツだと袖部分にダボつき感が出て二の腕についた脂肪が強調されてしまうのです。このようなダボついたコーディネートで清潔感を漂わすのは困難だといえます。そこで暑くても男性会社員に着てもらいたいのが、長袖のワイシャツです。長袖シャツを着たうえで腕まくりをすれば、ダボつき感がなくなり二の腕の脂肪も上手く隠せるので、カッコよく見せることができますよ。

鹿の子素材のワイシャツで、暑くても涼しげに見せる

「鹿の子」という素材名を聞いたことがあるでしょうか。これは、しかのこではなく「かのこ」と読みます。鹿の子素材にはまるでポロシャツであるかのような伸縮性があって、通気性も優れているのです。生地の表面にわずかなザラつきがあるので、中にランニングのシャツを着ていても、肩の部分が肌にベタッと張り付くことはありません。見た目にも暑苦しさがないので、周りに差をつけるクールビズのワイシャツとして最適の素材だといえます。

クールビズのメンズファッションはバリエーションが少ないだけに、腕まくりをしたり素材にこだわりながら見栄えを良くする心がけが求められるのです。

agaを京都の周辺で診療しているクリニックでは、カウンセリングで個々の患者の頭皮の状態や薄毛の進行の程度を診断したうえで、内服薬や外用薬による治療がメインに行われています。