これでもう間違いない!痛くならないパンプスの選び方


正しいサイズの選び方

まず、一番基本はサイズです。サイズとは、つま先の先端からかかとまでの長さのことで、お店では一般的にcmで表記されています。一般的に、指の先端からパンプスの先端までに、1cmほど隙間があるとよいと言われています。しかし大きすぎるのも、パンプスの中で足が前滑りしてしまい良くありません。前滑りすると、靴擦れの原因となったり、足に余計な力が入り疲れやすくなってしまいます。どうしても前滑りする場合は、ストラップのついたパンプスを選ぶと良いでしょう。

正しいワイズ(幅)の選び方

次に注目するのはワイズです。ワイズとは、親指から小指の付け根にある出っ張り部分の周囲の長さのことで、お店では「E」「2E(EE)」などと表記されます。足が痛いと感じる人は、このワイズを見直してみましょう。どうしても幅が狭い場合は、シューズストレッチャーと呼ばれる器具を使うのも手です。また、足の形に合わせたパンプスを選びましょう。親指が長い「エジプト型」の人はラウンドトゥ、人差し指が長い「ギリシャ型」の人はポインテッドトゥやオブリークトゥ、指先が平行な「スクエア型」の人はスクエアトゥが良いとされています。

疲れにくいヒールの選び方

また、ヒールも重要なパーツです。ヒールが高いとつま先に負担がかかりやすくなります。よく歩く人やパンプスを履き慣れていない人は、3cm程度のローヒールを選びましょう。また、安定感を得るためには、接地面積が広いチャンキーヒールなどヒールの太いデザインを選びます。ヒールが細いものでも、ヒールの位置によっては安定します。選ぶときは、横から見てかかとの中心あたりにヒールがついていて、かかとの中心にヒールがあると感じるものがおすすめです。

医療脱毛を銀座で始めたら、通いやすいし、ついでにショッピングもできます。脱毛に通う日が楽しみになります。